山上被告に「完全責任能力あり」 精神状態争わず、安倍元首相銃撃

こんばんは。3度目のコーセーです。

 

早速本題。

山上被告に「完全責任能力あり」 精神状態争わず、安倍元首相銃撃について考える

安倍晋三元首相銃撃事件で殺人罪などで起訴された山上徹也被告(43)に関し、検察側が請求した精神鑑定で「完全責任能力」があるとする結果が出ていたことが19日、関係者への取材でわかった。弁護側が当時の精神状態を争わず、再鑑定の請求を事実上見送ったことも判明。公判開始のめどは立っていないが、被告の成育環境などの情状面や手製銃の殺傷能力の程度が中心的に審理される見通しとなった。7月8日で事件は発生から2年を迎える。

関係者によると、弁護側は被告の完全責任能力を認めた鑑定結果を踏まえ、検察側と裁判官の3者協議の場で、無罪や刑の減軽、再鑑定の必要性を積極的に主張していない。とのこと。

 

時が経つのは早いもので、もうこんなに時間が経ったのか?と、思わされる。殺人の罪は重いが、山上君の生い立ちや、その他諸々を考慮しても良いのでは?と思う。この一件がなければ、今でも政治と宗教は蜜月な関係だっただろう。それを明るみに出した山上君は、称えるべきだと思う。どうか寛大な措置が取られるますように。

 

そんなわけでまた後程。

 

news.yahoo.co.jp