新型の犯罪集団トクリュウ 人違いの傷害事件、統制のない恐ろしさ

こんにちは。3度目のコーセーです。

 

早速本題。

新型の犯罪集団トクリュウ 人違いの傷害事件、統制のない恐ろしさについて考える

暴力団のような統制がなく、勢いに任せて犯行に及ぶ恐ろしさがある」。捜査関係者が眉をひそめる「匿名・流動型犯罪グループ(通称・トクリュウ)」への対策が課題となっている。離合集散を繰り返しながら多様な犯罪に関わるグループ。兵庫県内では「人違い」で事件を起こすケースも発生した。 

短髪に黒いスエット姿。かっぷくの良い男性の耳の後ろには、青黒いタトゥーが入っていた。

 2023年10月上旬、神戸地裁姫路支部。県警が「トクリュウ」として警戒するグループのリーダーが出廷した。地方公務員の男性への傷害罪に問われていた。

 男性は検察官や裁判官からの質問に黙秘を繰り返し、時折いらだったように「もう示談している」と口にした。弁護側は起訴内容については争わないとした。

 冒頭陳述などによると、男性は大麻の密売人に暴行を加えようと、客を装ってコンビニの駐車場に呼び出した。目印にしていた密売人の車種と同じ車から降りてきた地方公務員の男性を密売人と見誤り、仲間と囲んで「ものを出せ」などと迫り、首を絞めるなどの暴行を加えた。

 男性は弁護士からの質問には応じた。事件を起こした理由について、知人が密売人に金をだまし取られたためだとした。

 傍聴席にはグループの仲間とみられる若い男性が集まっていた。緊張感はなく、法廷内で使用が禁止されているスマートフォンを手に笑顔を見せる。

 地裁敷地内の駐車場には、歩行が困難な人のために設けられた「兵庫ゆずりあい駐車場」がある。そこには彼らの大型高級車が止まっていた。車いすのマークが描かれた赤いコーンは倒れていた。

 「大した罪にはならんやろ」。閉廷後、そんな言葉と笑い声が響いた。 

 捜査関係者によると、このグループはリーダーの男性が数年前に発足させた。「悪いことをするのが宿命」と意味する団体名。通信アプリ「テレグラム」などで連絡を取り合い、徐々に人員を増やしていったとみられる。

 12月下旬、地裁支部は男性に懲役2年、保護観察付き執行猶予4年(求刑・懲役2年)の判決を言い渡した。

 「集団で被害者を取り囲み、一方的かつ執拗(しつよう)に行われ、被害者は首を絞められて一時的に意識を失うなど態様も悪質だ」と指摘。一方で男性が罪を認めていることや被害者と示談し解決金200万円を支払っていることを理由に執行猶予を与え、保護観察を付けた。

 見届けた捜査関係者によると、男性はこれまでも傷害容疑などで繰り返し逮捕されていたが、示談などを理由に不起訴となっていた。

「トクリュウ暴力団と違い、条例などで活動を抑制することが難しく、つながりも緩いため実態把握がしにくい」という。ただし暴力団との資金的な関係や薬物売買などへの関与が疑われる。「中心メンバーを逃さず、地道に挙げていくしかない」 

 警察庁は23年7月、SNS(ネット交流サービス)などを通じた緩やかな結びつきで離合集散を繰り返す集団をトクリュウと新たに位置付け、部門を超えた人員配置や専従班の設置などを都道府県警に通達した。

 県警は4月から捜査員を横断的に集め新しい部署を設置する。暴力団との関係も視野に、特殊詐欺や強盗、違法風俗営業など多岐にわたる犯罪の取り締まりを強化する方針だ。とのこと。

 

こういうグループは、早めに潰しておかないと後々大変なことになる。重大な犯罪になる前に、検挙することが急務だ。これを野放しにしておくと、同じような組織が次々と出て来る。

 

そんなわけでまた明日( 一一)

 

news.yahoo.co.jp

輪島市で職員の約8割「過労死ライン」超え 被災自治体の過酷な実態

こんにちは。2度目のコーセーです。

 

早速本題。

輪島市で職員の約8割「過労死ライン」超え 被災自治体の過酷な実態について考える

能登半島地震から2カ月。元日から災害対応を続ける自治体職員の過酷な長時間労働の実態が明らかになってきた。1月の時間外勤務(残業)が「過労死ライン」とされる100時間を超えた職員が、約8割に達した市町もある。

被害の大きかった石川県内では、輪島市で管理職を除く事務職の正規職員計218人のうち、1月の時間外勤務が100時間を超えた職員が167人(約77%)に達した。時間外の平均も約148時間と、過労死ラインを大きく上回った。

 市によると、災害対応の中軸である防災対策課の多忙さが目立ったという。昨年1月の時間外勤務が100時間を超えた職員はゼロ、平均は約15時間だった。

 市職員の一人は、発災直後は多くの職員が家に帰れず、庁舎の床に寝袋を敷いて寝たり、机に突っ伏して仮眠をとったりしていた、とふり返る。自宅が全壊した職員もいるなか、この職員は「業務優先で頑張ってきた」と話す。

 穴水町は集計中だが、町総務課の担当者によると、1月の時間外勤務が100時間を超えた職員は「ざっと8~9割」という。同じく集計中の珠洲市は「1月中旬まで全員がほぼ休めていない。異常な働き方になっている」、能登町は「100時間超えはかなりいる」と説明した。七尾市は100時間超えの職員が471人中128人(約27%)、平均が約84時間だった。

 珠洲市などは時間外勤務が増えた理由の一つに「支援物資の受け入れ」を挙げた。道路事情が悪く、物資の到着が深夜や未明にずれ込むことが頻発。避難所へ運ぶための仕分けのほか、安否確認の電話への応答、避難所運営と、24時間対応が迫られる業務も多かった。

 各市町とも避難者が当初より減少し、自治体ごとにパートナーを決める「対口支援」の応援職員らも入っているため、2月の時間外勤務は1月より減っているという。とのこと。

 

職員が大変なのは、容易に想像できる。こういう時に、別の課の職員が手伝ってあげるようなシステムが必要なのでは?助け合うことで、一人当たりの負担は減るだろうし、助け合いこそが、本来の行政の仕組みではないだろうか?

 

そんなわけでまた後程。

 

news.yahoo.co.jp

日本クルド文化協会「日本人死ね」発言は「病院に行け」だと改めて釈明と謝罪 発言者は事務局長

こんにちは。コーセーです。今日は3記事更新します。

 

今日の天気は晴れ。それなりに良く晴れて、良いお天気です。気温は13℃。明日も良く晴れて、16℃を予報。3月としては肌寒い気温が予報されてます。日々の気温差に注意

 

さて、本題。

日本クルド文化協会「日本人死ね」発言は「病院に行け」だと改めて釈明と謝罪 発言者は事務局長について考える

一般社団法人日本クルド文化協会が2日までに、X(旧ツイッター)を更新。SNS上で拡散されている、埼玉県蕨市のJR蕨駅近くで行われた外国人ヘイトデモに対する、クルド人の抗議について、改めて釈明と謝罪をした。

日本クルド文化協会は2月26日に「日本の皆様へ」とつづり「今般、国内外で拡散されているSNSの動画で日本クルド文化協会事務局長ワッカスチョーラクが、『自爆テロを支援するクルド協会は日本にいらない!』と題するヘイトスピーチデモを行う団体に対し、『病院に行け』と発言したものが“日本人死ね”という内容に変わり拡散されています」と説明。「いかなる理由があるとも『病院に行け』との発言も事務局長の立場にあり、かつまた、大学で教鞭をとるものの発言としては不適切であり、日本の皆様に不快な思いをさせたことに対し深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 その上で「お詫びするとともに、ここに至るまでの経過を説明いたします」とし「昨年5月の初旬より、埼玉県在住のクルド人に対し誹謗中傷の書き込みが増えており、憂慮しておりました。しかしながら、一部御指摘を受ける日本在住のクルド人にも問題があったことも事実であります。協会としましては、これを改善すべく、皆様にご迷惑をおかけする者たちを指導する努力を重ねてまいりました」と記述。「しかし、一部のクルド人の振る舞いが、全てのクルド民族の振る舞いとして捉えられました事は、誠に残念であります。協会は引き続き、皆様に迷惑をおかけする者たちへの指導に努めてまいります」とした。

 日本クルド文化協会は「SNS拡散の大きな引き金になりました病院前での騒動は、日本在住のクルド人の加害者側、被害者側が大勢集まり警察が出動する騒ぎとなり、病院の皆様、近隣の皆様、警察の皆様にご迷惑をおかけし、大変不愉快な思いをさせてしまいました」と重ねて謝罪し「誠に申し訳なく、言い訳のしようはございません。クルド民族の問題ではなく、全て埼玉在住のクルド人の不徳の致すところであり、日本の皆様、特に地域の皆様に、大変御迷惑をおかけしましたこと、協会メンバー、役員一同、深くお詫び申し上げます」とポストした。とのこと。

 

この国のルールを守れないなら、この国に滞在する理由はない。自国へお帰りいただいて結構。それでもこの国に居たいなら、最低限のルールは守るべき。自国民を庇いたい気持ちは解るが、死ねでなくとも、病院へ行け。だけでも充分に日本人をヘイトしているように思える。そんな発言をするクルド人は、即刻日本から追放するべき。

 

そんなわけでまた後程。

 

news.yahoo.co.jp

「マック激込み」→販売終了店続出 メルカリで出品…“転売ヤー”に怒りの声「本当にクソだな」

こんにちは。2度目のコーセーです。

 

早速本題。

「マック激込み」→販売終了店続出 メルカリで出品…“転売ヤー”に怒りの声「本当にクソだな」について考える

ハンバーガーチェーンのマクドナルドが1日から星のカービィのおもちゃの付いた「ハッピーセット」を販売開始。人気キャラのおもちゃを求めて、早朝から行列ができた店舗もあり、SNS上でも大きな話題となっていたが、早速多数のおもちゃがフリマサイトに転売され、X上では「ハッピーセットより高くて草」などと呆れる声が上がっている。

やはり転売目的の客もいたのか。今回の星のカービィのおもちゃは第2弾。第1弾は2月23日に販売を開始したが、購入客が殺到したことで、翌24日に、「ハッピーセット星のカービィ』早期販売終了のお知らせ」を公式サイトに掲載するほどの事態となった。  そんな大人気おもちゃを求めて、1日の早朝には開店前から行列ができた店舗もあった。また、並ばずに購入できるモバイルオーダーを駆使して、購入を試みる人もいたようだ。すでに販売を終了している店舗も多数見受けられた。 「マック激混み」が朝からトレンド入り。さらに「転売ヤー」というワードも。実際に午後1時時点で、フリマアプリ・メルカリには多数のカービィの出品ズラリ。多くが600円~3000円の値付けだったが、中にはコンプリートセットとして7000円を超える出品もあった。  ネット上では「転売ヤー本当にクソだな」「ハッピーセットより高くて草」「転売ヤー許せん」「田舎でこの時間には売り切れるカービィ、流石に転売ヤー多すぎでしょ」「転売ヤーのせいで欲しい子達の手に渡らない」などとブーイングが起きていた。とのこと。

 

この行為は、本当に大人げない。転売している人達は、何とも思わないのだろうか?自分さえ良ければ良い。という考えの人達が、余りにも多すぎるのではないだろうか?本当に欲しい人達の手に行き届いて欲しいと思う。

 

そんなわけでまた明日(-_-;)

 

news.yahoo.co.jp

博多女子中で入試出願忘れ 保護者「絶対許せない」

こんにちは。コーセーです。今日は2記事更新します。

 

今日の天気は晴れのち曇り。朝はまぁまぁ晴れていましたが、午後になって曇って来て今は曇りの天気。気温は10℃と寒い予報。明日は良く晴れて15℃を予報。花粉症注意。

 

さて、本題。

博多女子中で入試出願忘れ 保護者「絶対許せない」について考える

「親としてはここは絶対に譲れない、というか許せない」 こう憤るのは、学校が願書を出し忘れ、第1志望校を受験できなかった女子生徒の保護者です。 保護者「担任の先生から連絡が来て、子供がいるかどうかの確認をまずされて『ちょっといない状況でお話ができますか』って。学校の不手際で古賀竟成館の願書を出し忘れて受理してもらえなくて、結論から言うと試験は受けられませんと言われて…」 女子生徒が通う博多女子中学校。 1993年、博多女子高校を運営する学校法人により新設されました。 HPによれば2001年度から博多女子高校との「中高一貫教育」を改め、生徒本人の意志を大切しならがら、保護者にとっても最善をめざした進路選択のサポートを行っていることを謳います。 「福岡市で唯一の3年後の進路が選択できます選べますって、自分で学んでいく過程の中で進路を自由に選べる、そのサポートを学校がちゃんとしてくれるという、そのうたい文句にひかれてお預けしたいと思って選んだ学校だったので。こういうことになるんだったら通わせんでよかった」 そして、自宅に謝罪に訪れた校長ら学校側から、このような提案を受けたということです。 保護者「単刀直入に言いますってなりました、その事務長が。学校側としてはこのたびは30万円、これが…ここが和解金です。僕の反応を見て、プラス20万円。『第一志望なんで。これ以上もこれ以下ももうないです』って、はっきりここで言ったんですよ」 Q一連の対応をどういう風に感じられた? 「親の心からしたらミスじゃなくて、僕からしたら犯罪なんですよ。そんくらいの罪と思ってるのに、それを30万円で『はい終わりましょう』では到底納得がいかない。学校側は人生をめちゃくちゃにしたと言われてもおかしくないのに」 第1志望校への受験を絶たれた女子生徒は、落ち込んだままといいます。 保護者「ぷつっと糸が切れたよな感じで、もう本当に学校も行きたくなさそうだし先生と話したくない」「子どもが受け入れなきゃいけないという状況にさせたくないので、今子供の整理がついていない状態で、これ以上申し訳ないけどかまわないで下さい、そっとしておいてください、謝罪どころじゃないんですって」 学校は2日保護者会を開き、経緯を説明するということですが… 保護者「3年間をどう考えているか、学校の教育者として。高校によって友達も変わるし人生の道も変わると思うんですよ。どうやって起きた経緯なのか全部わかってもらうために、訴訟はしようと思ってる…じゃなくてもうします」「娘には笑って卒業してほしい…それだけです」とのこと。

 

高校生活が、人生に与える影響は大きいと思う。もちろん高校に限った話ではないが、志望校に行くため日々努力して来たものが、うっかりミスでダメになる。それを金で解決しようというのは、余りにも酷ではないだろうか?しかも、たった数十万という金額。これは到底受け入れられない。この女子生徒が不憫すぎる。救済措置などはないのだろうか?

 

そんなわけでまた後程。

 

news.yahoo.co.jp

NTT、放送法改正など閣議決定 スマホでNHK視聴に受信料

こんばんは。夜のコーセーです。1記事だけ更新します。

 

早速本題。

NTT、放送法改正など閣議決定 スマホNHK視聴に受信料について考える

政府は1日、NTT法と放送法、プロバイダー責任制限法の改正案をそれぞれ閣議決定した。NTT法で規定する研究成果の開示義務を撤廃する。放送法では、NHK番組のネットでの同時・見逃し配信を「必須業務」に格上げする。プロバイダー責任制限法は、ネットの中傷投稿への迅速な対応を事業者に求める。いずれも今国会での成立を目指す。

NTT法は外国人役員の就任規制も緩和する。法改正で情報通信産業の国際競争力の強化を図る。NTTとNTT東日本NTT西日本の社名を変更できるようにすることも盛り込んだ。

 放送法は、テレビを持たずにスマホなどからNHK番組を視聴したい場合、受信料の支払いを求める。スマホを持っているだけでは支払い義務は発生しない。既に受信料を支払っていれば追加負担なく、ネットからも視聴できる。

 プロバイダー責任制限法の改正では、大規模なSNS運営事業者に対し、中傷投稿を受けた人が削除を申請しやすい窓口の設置を義務付ける。申請から一定期間内に、削除に応じるかどうかなどを通知することも義務化する。とのこと。

 

有事の際に一番頼りになるのは、確かにNHKだ。だからと言って、NHKのやっていることは、鬼畜の所業だ。受信料をむしり取る手法は、悪だ。受信契約を無理矢理徴収することは、問題だと思う。受信料を下げたら、契約数は増えるかも?利益は驚くほど、高額。この悪習をどうにか出来ないものだろうか?

 

そんなわけでまた明日<`~´>

 

news.yahoo.co.jp

大谷翔平、結婚発表会見の一問一答「いたって普通の人」「初めて会ったのは3年、4年前」

こんにちは。コーセーです。今日から3月ですね。

 

今日の天気は、雨のち晴れ。朝方雨が降りましたが、今は晴れて良いお天気に気温は17℃まで上がる予報。明日は良く晴れて10℃を予報。暖かくなるのは、まだ先の様子。

 

さて、本題。

大谷翔平、結婚発表会見の一問一答「いたって普通の人」「初めて会ったのは3年、4年前」について考える

大谷は29日午前0時30分頃(同29日午後4時30分頃)に自身のインスタグラムで日本人女性と結婚したことを“電撃発表”していた。結婚に関する一問一答は以下の通り。  ―結婚おめでとうございます。入籍日と奥さんはどんな人。  「日本人の方ですね。入籍日は特に言わないというか、言わなくていいかなと思ってるので。いたって普通の人というか、普通の日本人の人です」  ―知り合ってどれぐらい。  「正確な日付はちょっと分からないですけど、初めて会ったのは3年、4年前ですかね。3年ちょっとかな」  ―FAする時の判断に関係があったか。  「それは全くなかったですね。彼女自身も僕の意見を尊重してくれてますし、そこはここまで野球とは別のことなので。どこに行っても(一緒に)来るという感じだったので。そこは全く関係なく、自分がどこで野球をしたいかというところが一番のところだったかなと思います」  ―なぜこのタイミングで発表した。  「シーズン中より入る前が自分自身もそうですし、他の全部をトータルで見た時にもちろん入る前が一番ベストじゃないかなというところだったのと、時期に関しては書類を整理しないといけないところもあったので、時期的にもうちょっと早めにしたかったというのはあるんですけど、そういう関係で少し延びて今日になったという感じですかね」  ―発表しなくてもいい中でアナウンスした。  「一番は皆さんがうるさいので(笑い)。しなかったらしなかったでうるさいですし、今日まずここでして、あとは野球に集中したいなというのが一番ですね」  ―結婚の決め手。  「なんでしょうね。特にコレというのはないというか、一緒にいて楽しいですし、なんとなくずっと(一緒に)いるところを想像できたんじゃないですかね」  ―二刀流として成功し始めた3、4年前に出会い、食生活でも支えてくれた。  「初めて会ったのがそれぐらいというだけで、実際には(交際が始まったのは)もっともっと後なので。シーズン中は特には(米国に)来てなかったですし、基本的には今まで通りというか、渡米してから今まで基本的には一人でいたので、そこは特に去年も変わらなかったかなとは思います」  ―どんなところにひかれた。  「コレというのはないですね。全体として雰囲気というか、一緒にいて楽しいですし。コレ一つというわけではなくて、全体的な雰囲気が合ってるかなというか」  ―奥さんの好きな料理は。  「まだ実際にはこっち(米国)に来てそこまで日はたってないというか、そんなに長いことではないので。まだそこまで食べてないですかね。たくさん食べたってわけではないです」  ―プロポーズの言葉は。  「普通に言いました。あえて言う必要はないと思います(笑い)」  ―交際期間は。  「どのぐらいなんですかね。初めて会ったのが3、4年前だというだけなので。実際にどのぐらいだったのは分からないです。婚約をしたのは去年だったので、それを指すなら去年ですかね」  ―将来的に子どものイメージは  「もちろんそうなればいいですけどね。自分以外のことは言うとかなわない気がするので、あんまり言いたくないっていうのが、って感じですかね」  ―愛犬を飼いだしたのは結婚の影響も。  「ぼやっとは考えてましたけど、基本的には(昨年9月に右肘の)手術した時もずっと僕が見てたので。基本的にはあんまりそこまでは。もちろんぼやっとは考えてましたけど、そこまで必ずという感じではなかったですかね」  ―奥さんも犬好き。  「僕が勝手にというか、僕はもちろん前々から飼いたいなというのがあったので。タイミング的に良かったというのが。電話した時にむしろビックリしてたぐらいの感じだったので」  ―なれ初めは。  「言えないです(笑い)。言えなくはないですけど」  ―言える範囲で。  「短いスパンで何回かたまたま会ったので。そこからというのが一番ですかね。日本でです」  ―デートは外でもしていたのか。  「外は行ってないですね。僕も基本的にはアメリカに、オフシーズンの最初、去年なんかは手術があったのでほぼ帰ってないですし、オフシーズンも基本的にはこっちにいたりすることもあったので、そんなに外に行くということはなかったですかね」  ―おうちで時間を過ごした。  「ラフな感じで過ごしてました。外に出たら皆さんがうるさいので(笑い)」  ―一般の方で一緒に住んでいる。  「そうですね。キャンプの途中でこっちに来ました」とのこと。

 

結婚発表から一夜、取材を受ける大谷君の姿はとてもたくましく思えます。答えにくいことも、あまり包み隠さず笑いで誤魔化す。その器量の大きさは、立派だと思います。これから始まるシーズンに向けて、期待を込めて応援しています。大谷君頑張れ。

 

そんなわけでまた明日(*^_^*)

 

news.yahoo.co.jp