「ついにのろしが上がった」菅前首相「新しいリーダー」待望発言で自民党内に岸田首相批判の動き広がる

こんにちは。夕方のコーセーです。1記事だけ更新します。

 

早速本題。

「ついにのろしが上がった」菅前首相「新しいリーダー」待望発言で自民党内に岸田首相批判の動き広がるについて考える

自民党が9月に行う総裁選挙について、菅前首相が「新しいリーダーが出てくるべき」との認識を示し、党内に波紋が広がっています。

国会記者会館から、フジテレビ政治部・木村祐太キャップが中継でお伝えします。

岸田首相と距離を置く菅氏の姿勢が注目を集める中での一歩踏み込んだ発言に、ある重鎮議員は「ついにのろしが上がった」と話しています。

菅氏は23日、総裁選について「刷新感を持ってもらえるかが大きな節目になる」と述べ、新しいリーダーが出るべきとの認識を示しました。

この意図について、菅氏の周辺は「ここから党内がどう動くか見極めるということだ」と指摘していますが、党内では「岸田首相の交代を求めた」との見方が広がっています。

さらに、この1週間に3人の若手が首相を公然と批判し、ある中堅議員も「自分も総理批判を打ち出そうと考えている」と話していますが、「内部抗争をやっている場合ではない」といった声も聞かれます。

ただ菅氏が、石破氏や小泉氏、河野氏や茂木氏など総裁候補の評価に初めて触れたことで、議員の間では「岸田首相と対極的な人がいい」などとポスト岸田選びに関心がシフトしていて、候補とされる議員の動きも一層活発化しそうです。とのこと。

 

菅前総理が発言したことは、大きな意味を持つだろう。この人の政治も、褒められたものではなかったが、今になって思えばまだ良かったような気もする。岸田と比較すれば、まだマシ。だからといって、再度首相になって欲しいとは思わない。脱自民党。これを達成出来れば、世の中は大きく変わるだろう。

 

そんなわけでまた明日(T_T)

 

news.yahoo.co.jp