<コミケ94>3日間で昨年夏超えの53万人来場 最終日は最多タイの21万人 暑さ一段落?で最終日増

おはようございます。コーセーです。コミケが終わってしまいました。

 

今日の天気は晴れ、ただ雲が多くイマイチな晴れ具合です。最高気温は30℃をちょっと上回る程度でそこまで暑くはなさそうです。

 

さて、本題。

コミケ94>3日間で昨年夏超えの53万人来場 最終日は最多タイの21万人 暑さ一段落?で最終日増について考える

東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催している日本最大の同人誌即売会コミックマーケットコミケ)94」が12日に最終日を迎え、会期中最多の21万人が来場した。3日間の来場者数は約53万人で、昨年夏の「コミケ92」の50万人を上回った。

最終日の12日は、コミケで最も来場者が多いとされる日で、「アイドルマスター」や恋愛ゲームなど1万1500サークルが出展。開場と同時に多くの来場者が目当てのブースに急ぎ、スタッフから「危ないから走らないでください!」と注意されるなど混雑した。気象庁が発表した同日の東京都内の最高気温は30.6度で、初日、2日目と比べると過ごしやすかったものの、変わらず日差しは強く、昼過ぎには床に座って休みを取る人の姿も目立った。

 次回のコミックマーケット95は、12月29~31日に東京ビッグサイトで開かれる予定。とのこと。

近年、来場者減に苦しんでいたコミケですが、ここに来て来場者増の兆しが見えて来ました。ここ数年間私自身もご無沙汰しておりますが、来場者の数が増えるというのは良いことだと思います。次回は久しぶりに参加してみようかな?と思います。

 

そんなわけでまた明日(^◇^)

 

headlines.yahoo.co.jp

コミケに参加する人たちを“雨ニモマケズ”風に描いた漫画 「オチが最高」「素晴らしい」の声

おはようございます。コーセーです。今日はコミケ最終日ですね。

 

今日の天気は曇りで、暑さが多少和らいだ感じですね。雨の予報が出ておりますが、今のところ止んでるようです。

 

さて、本題。

コミケに参加する人たちを“雨ニモマケズ”風に描いた漫画 「オチが最高」「素晴らしい」の声について考える

漫画ファンが「コミックマーケットコミケ)」に参加する様子を、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」風に描いた漫画がSNS上で話題となっています。雨風や暑さにさらされる中、会場に向かうファンたち。お目当ての作品を探して奔走しますが…という内容で「1ページ目から笑った」「オチが最高」「素晴らしい作品」などの声が上がっています。作者の男性に聞きました。

この漫画を描いたのは、漫画家のおのでらさん(ペンネーム)です。今年3月まで、サラリーマンでした。「コミケ童話全集」(KADOKAWA)「輝夜月ガチ勢の日常」(星海社)などの作品を手がけています。
Q.漫画を描き始めたきっかけは。
おのでらさん「落書き帳に漫画のようなものを描き始めたのは、小学生の頃からですが、きちんと原稿用紙に描き始めたのは大学2年生の頃からです」
Q.この漫画を描いた理由は。
おのでらさん「雨と猛暑で今年のコミケは大変そうだなと思った時に、『雨にもまけず 風にもまけず 雪にも夏の暑さにもまけぬ』の詩が思い出され、その後、『東に西に』の辺りを思い出したことがきっかけです。
コミケをテーマに漫画が描けそうだとテンションが上がり、描いてみました」
Q.コミケにはいつから行っていましたか。
おのでらさん「大学1年生の時に初めて参加しました。始発電車に乗り、開場前から並びました。サークル参加(自分の作品を発表すること)として初めて参加したのが大学2年生か3年生の頃だったと思います。
今年は3日目(8月12日)に『西れ01b』(会場内の場所)で参加します」
Q.漫画の最終ページに登場するサラリーマンは誰ですか。
おのでらさん「4コマ漫画の配信サイト『ツイ4』で連載中の漫画『輝夜月ガチ勢の日常』に出てくるおじさんです」とのこと。

この方の年齢が分からないのでどれだけの歴戦コミケ戦士なのかが分かりかねますが、恐らくそれなりの修羅場をくぐって来た猛者だと思います。本日3日目に出展予定とのことなので興味のある方は一度立ち寄っても良いかな?と思います。

 

そんなわけでまた明日(^-^)

 

headlines.yahoo.co.jp

<コミケ94>日本最大の同人誌即売会が開幕 台風一過の酷暑の中で長い列

おはようございます。コーセーです。今日はコミケ2日目ですね。

 

今日も晴れて良い天気となっておりますが、少し雲が多く、雨が降る予報も出ております。雨具の準備を忘れないようにしましょう。

 

さて、本題。

コミケ94>日本最大の同人誌即売会が開幕 台風一過の酷暑の中で長い列について考える

日本最大の同人誌即売会コミックマーケットコミケ)94」が10日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開幕した。12日まで。2020年の東京五輪を前に大規模イベントの警備強化を図る警察の要請を受け、2015年冬のコミケ89から6回連続で手荷物検査を実施する。

コミケは、1975年に始まったマンガや小説・ゲーム・音楽などの同人誌の即売会で、現在は夏と冬の年2回開催されている。2017年夏は3日間で約50万人、同年冬も同じ3日間で約55万人を集めた。今回から人気アニメ「ガールズ&パンツァー」のジャンルが追加される。

 気象庁が発表した東京都内の午前9時の気温は32.6度だったが、台風一過の酷暑の中、同人誌や限定グッズを求める人たちが長い列を作った。コミケ初日は、人気ゲーム「Fate」シリーズや「艦隊これくしょん-艦これ-」などのゲーム系を扱う1万以上のサークルがそろう。

参加サークルは、「角」「壁」「シャッター前」などと呼ばれる場所に配置される。列整理のしやすいシャッター前は、プロとしても活躍するマンガ家やイラストレーターらが出展することもあり、人気のサークルになると、開幕と当時に長蛇の列ができ、昼前には売り切れることもある。また、マンガ誌の編集者が、新人をスカウトするために動き回る姿も見られる。とのこと。

昨日は本当に暑かったですね。コミケ参加の猛者達はそれぞれに暑さ対策をして楽しんだと思います。また、レイヤーさん達も炎天下の中、良く頑張ってると思います。今日、明日とコミケは続きますが、参加される方は大いに楽しんでいただければと思います。

 

そんなわけでまた明日(@_@。

 

headlines.yahoo.co.jp

噂は本当だった? 『コミケ』最寄りのベローチェ、店長クラス集結で臨戦態勢

こんにちは。コーセーです。今日はコミケ初日ですね。

 

今日は台風一過の影響を受けスッキリと晴れてますね。気温も高く、30℃を超えましたね。

 

さて、本題。

噂は本当だった? 『コミケ』最寄りのベローチェ、店長クラス集結で臨戦態勢について考える。

世界最大規模の同人誌即売会コミックマーケット94』が10日から3日間東京ビックサイトで開催される。毎回、約50万人もの二次元ファンがお目当ての同人誌や、コスプレイヤーを求めて集まる。コミケ開催時は周辺施設にも人があふれ、会場最寄りの『カフェ・ベローチェ有明店』は一時の“オアシス”となる。以前より同店舗は「コミケ期間、店長クラスの精鋭を集め接客にあたっている」という噂がチラホラ。その真相をカフェ・ベローチェを運営する株式会社シャノアールに聞いた。

コミケ期間のカフェ・ベローチェ有明店については、以前からSNSで「コミケの期間中、ベローチェの店員の胸のプレートが『店長』ばかりになるので、各店から精鋭が集まってるんだなって思うと胸熱。アイコンタクトと手のサインだけで店内の空き席確認して、お客を誘導してくれるよ! 」「全員店長で臨戦体制と噂のベローチェへ来た。ものの10分で入店、謎の暗号でやり取りしてた」などと話題になっていた。

 その“噂の真相”について、担当者は「はい、本当です」と即答。「多くのお客様がご来店して頂けるので、より迅速に対応できるよう、有明店周辺エリアの店長が集まって運営をしています」と企業努力のほどを明かした。

平時と比べての増員人数は「平時は、アルバイトスタッフと店長で3~6人程で運営しておりますが、コミケ開催中は業務熟練度の高い店長を中心に10~20人程で運営します」と通常の3倍程度の増員を呼び、顧客に対応する。この制度は1998年3月に同店舗がオープンし、その翌年から行っているという。とのこと。

本日からいよいよコミケが始まりますね。コミケ参加の皆様は準備万端ですか?私も行きたい気持ちはありますが、行けないことがもどかしいです。それはさておき、カフェベローチェコミケ時の臨戦態勢として店長クラスを集めているとまことしやかに囁かれて来ましたが、噂は本当でした。コミケ期間中は朝4時から店を開けているというからまさに驚き。それだけ需要があるんでしょうね。特に暑い夏や寒い冬にはオアシスのような存在です。3日間のコミケ期間充分に頑張っていただきたいと思います。

 

そんなわけでまた明日\(^o^)/

headlines.yahoo.co.jp

“コミケ雲”は発生する? 気象予報士・依田司が語る猛暑対策「コミケ雨が降る可能性も…」

おはようございます。コーセーです。

 

今朝は台風が通過して行ったため、現在は曇りの天気。今日は台風一過でお昼頃から陽射しが戻り、暑い一日になりそうです。

 

さて、本題。

コミケ雲”は発生する? 気象予報士・依田司が語る猛暑対策「コミケ雨が降る可能性も…」について考える

世界最大規模の同人誌即売会コミックマーケット94』(C94)が、いよいよ10日から3日間、開催される。夏のコミケといえば、その暑さによって“コミケ雲”なる現象が話題に上る。

夏のコミケで、ある種の伝説として語られる“コミケ雲”。屋内会場で来場者が発した水分・水蒸気が、空調により天井付近で冷却され、白い霧のようなものが発生する…という現象だ。

「“コミケ雲”は、“環八雲”と同様。来場者の熱気と大量の汗が空気中に水蒸気として溶け込み、エアコンの冷風に冷やされてできたものですから、“会場内の大気汚染でできた雲”と言ってよさそうです」

また、発達すると『室内に(コミケ入道雲ができる』、『コミケ雲から雨が降ってくる』という伝説があるようですが、実際にはあり得ません。雨を降らせるには、雲の厚さが数千メートルなければならないからです。ただし! 天井部にある格子状のパイプに水滴がつき、それがぽたぽた落ちてくれば、“コミケ雨”と認定してもいいかもしれませんね。来場者皆さんの汗の結晶の雨ですから、絶対に濡れたくありませんがとのこと。

コミケ雲は以前から話題になっていましたが、その雲から雨が降るということは理論上ありえないらしいです。落ちてくる水滴を雨と呼ぶのは少し違和感がありますが、その雨の元となるものが汗であるということはちょっと嫌ですね…コミケ雲発生するなら是非見てみたいものですね。

 

そんなわけでまた明日(●^o^●)

 

headlines.yahoo.co.jp

隣サークルの行列が壁になって自分のスペースに人が来られない……少し悲しいコミケ体験談に共感多数

おはようございます。コーセーです。

 

今日の天気は雨。だけど今は止んでるみたいです。台風の影響か風が強い印象があります。今晩から明日にかけて大雨が予報されてます。充分お気を付け下さい。

 

さて、本題。

隣サークルの行列が壁になって自分のスペースに人が来られない……少し悲しいコミケ体験談に共感多数について考える

近年のコミケには3日間で3万以上のサークルが参加し、来場者数は50万人以上にも上ります。大勢が集まるため往来も激しく、サークルとしては出展場所がもとでトラブルに見舞われることも。そんな体験を描いた「コミケにて列のできるサークルの隣になったサークルの話」が、Twitterで共感を呼んでいます。

投稿主の真紗弥光一さんが、2017年の冬コミにサークルとして参加したときのこと。開場してまもなく、目の前に行列による「人の壁」ができていました。気付いたときは、嫌な予感しかしなかったといいます。
 行列の元は、隣のサークルを訪れた参加者たち。並ぶ人が多かったため、列は途中でL字状に折れ曲がり、真紗弥さんの目の前を完全にふさいでいました。このため、列の外側を歩く参加者からは、真紗弥さんのいる島が視界に入りません。反対側から来た参加者も、人波に突き当たると行き止まりだと思い、島から離れていきます。このように、真紗弥さんのサークルへまったく人が近寄らない状況が、40分は続いたといいます。とのこと。

人気サークルの隣になってしまったことが運の尽きですね。人の壁で自分のブースが見られないとなるとショックですよね。私は経験がありませんが、この方の気持ちは良く分かります。辛い思いをしたと思いますが、コミケはそもそも商業イベントではないのである程度は仕方のないことだと思います。次回出展時には良い場所が取れると良いですね。

 

そんなわけでまた明日(^o^)

 

headlines.yahoo.co.jp

森永製菓「アイスボックス<グレープフルーツ>」の販売休止 8月1日から、猛暑で供給難しく…

おはようございます。コーセーです。

 

今日の天気は打って変わって曇り空お昼前から夕方にかけて雨が降る予報となっております。また、気温もグッと下がって最高気温30℃を予報しております。

 

さて、本題。

森永製菓「アイスボックス<グレープフルーツ>」の販売休止 8月1日から、猛暑で供給難しく…について考える

連日の猛暑の影響で、森永製菓(東京都港区)が氷菓「アイスボックス<グレープフルーツ>」の販売を8月1日から休止していることが、分かりました。販売が予想を大きく上回って十分な商品供給が難しくなったためで、販売再開は9月中旬ごろを見込んでいます。

なお、アイスボックスには8月末までの期間限定商品の「濃い果実氷<巨峰>」もあり、こちらは品薄状態ではあるものの販売を継続しているとのことです。

「アイスボックス<グレープフルーツ>」(税別価格100円)は、粗く砕いた感じの氷が入った「かち割り氷」タイプの商品。グレープフルーツ果汁や食塩を含み、森永製菓は「熱中症対策にも適した商品」とPRしています。

 広報担当者によると「アイスボックス<グレープフルーツ>」の売り上げは「前年比2桁増」で、品薄状態が続いて全国に満遍なく商品を供給することが難しくなったため、いったん販売を休止。9月中旬の販売再開を目指して、生産計画を増やして対応するとのことです。

アイスボックスといえば、子供の頃夏になると良く食べていた記憶があります。まさか猛暑の影響を受けて販売休止になるとは思ってもいなかった事態だろう。今年の猛暑は異常事態で、販売休止になる商品が多すぎると思います。この暑さは一体いつまで続くのだろうか?

 

そんなわけでまた明日(●^o^●)

headlines.yahoo.co.jp