破格の契約“金”!?羽生にCM1億円オファーも!「銀」宇野にも殺到

おはようございます。コーセーです。

 

今日はあいにく曇りの天気。雨の予報はないものの、一降り来そうな空模様ですね。気温も上がらず寒い陽気の一日になりそうです。

 

さて、本題。

破格の契約“金”!?羽生にCM1億円オファーも!「銀」宇野にも殺到について考える

平昌五輪のフィギュアスケート男子で66年ぶりに五輪連覇を達成した羽生結弦(23)と、初五輪で銀メダルを獲得した宇野昌磨(20)にCMの契約オファーが殺到していることが18日、分かった。

メダル獲得以降、メディアに出ずっぱりといっても過言ではない2人には広告業界も熱視線。ともに五輪のスポンサー企業を中心に10~20社がオファーしているようだ。特に羽生は着用してきた衣装の色合いが「お菓子っぽい」と話題を呼んだことを受け、クッキーやチョコレートなど食品業界が注目。アスリートが“顔”になると好感度が増すことからスポーツドリンクなどの飲料業界も高い関心を示している。

 複数の広告代理店関係者によると、主演クラスの役者でCMの契約料は1本3000万~6000万円。世界的に著名なアスリートになると、さらに上がる。契約の形も名前や写真を貸すだけのものから本人が稼働するものまで多種多様で、どの選手も競技の妨げにならない形を条件に契約を結ぶという。

 羽生はこれまでロッテやP&Gなど多数のCMに出演。関係者は「ソチ五輪の金メダリストで、もともとの契約ベースがトップクラス。2つ目の金メダルを獲得した上に現役続行を表明したことで、市場価値はさらに上がる。契約次第で1億円はくだらない」。宇野については「羽生選手の次世代を担うホープで将来性がある。ファンが多い上に銀メダルを取って話題性や注目度も高くなったが、羽生選手ほど契約金は高くない。手を挙げる企業は多いのでは」と分析した。

 銀盤の貴公子たちの新たな争奪戦に注目だ。とのこと。

金、銀両方のメダルを獲ったお二方、今とっても注目されてるのは良く分かります。その注目に目を付けたのがCM制作会社。この二人の人気にあやかって売り出そうというのを見逃すはずがない。CMの契約料は1本3000万~6000万円。世界的に著名なアスリートになると、さらに上がる。という点で凄い儲かりそうで羨ましいなぁと思ってしまう。この二人には4年後の五輪でも頑張って欲しいと思っています。

そんなわけでまた明日( ^^) _U~~

 

headlines.yahoo.co.jp

羽生結弦「僕はアイドルじゃない」孤独と犠牲の上に涙の66年ぶり連覇

おはようございます。コーセーです。

 

今日も快晴の良い天気が広がり気持ちの良い青空が広がってますね。気温はしばらく低い日が続きそうです。

 

さて、本題。

羽生結弦「僕はアイドルじゃない」孤独と犠牲の上に涙の66年ぶり連覇について考える

男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(23)=ANA=がフリー2位の206・17点、合計317・85点でディック・バトン(米国)以来66年ぶりの連覇。冬季五輪通算1000個目の金メダルとなった。SP3位の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=は202・73点、合計306・90点で銀メダル。冬季五輪では表彰台を独占した1972年札幌大会スキージャンプ70メートル級(笠谷幸生金野昭次青地清二)以来2度目の日本勢ワンツーフィニッシュとなった。

演技構成は当日の朝に決めた。サルコートウループの2種類4本の4回転。難易度の高いループは回避した。「自分が本気になれるプログラム」を追求してきた。挑み続けることが性分だが、それ以上に勝利にこだわった。「跳びたいとか跳びたくないとかいう以前に、何より『勝ちたい』だった。勝たないと意味がないので、この試合は。これからの人生でずっとつきまとう結果。本当に大事に、大事に結果を取りにいった」

 作戦は奏功した。映画「陰陽師」の音楽で演じる「SEIMEI」に乗せ、冒頭のサルコー、続くトウループはともに最大加点の3点を引き出した。ソチ五輪のフリーでは2度転倒したが、この日は8本のジャンプすべてを着氷。最後の3回転ルッツは着氷が乱れたものの、痛めていた右足でこらえ「右足に感謝しかない。ソチ五輪のときは勝てるかなっていう不安でしかなかったけど、今回は何より自分に勝てた」。故障明けで4か月ぶりの実戦というハンデを乗り越え、冬季五輪の個人種目で日本人初の連続金メダルに輝いた。とのこと。

羽生選手は本当に良く頑張ったと思います。怪我に苦しみながらもあれだけの演技を出来たのは素晴しいことだと思いましたが、結果が出る前にもう自分勝ったみたいな挙動にはいささか疑問が残りますね。まぁ結果として勝ったから良いものをこれで負けてたらちょっと残念極まりないことになりますね。また、演技終了後に投げ込まれる大量のぷーさんのぬいぐるみ、地元団体に寄付されるそうですね。何はともあれ金メダルオメデトウございます。

そんなわけでまた明日(^u^)

 

headlines.yahoo.co.jp

健康増進法改正案、5割超の飲食店が屋内禁煙の例外に

おはようございます。コーセーです。

 

今日は快晴の青空が広がる良いお天気になりました。気温もそこそこ上がるようで過ごしやすい一日になりそうです。

 

さて、本題。

健康増進法改正案、5割超の飲食店が屋内禁煙の例外について考える

厚生労働省が今の国会へ提出する方針の受動喫煙対策法案で、5割を超える飲食店が屋内禁煙の「例外」となることがわかりました。

 JNNが入手した厚生労働省健康増進法改正案によりますと、飲食店は「屋内原則禁煙」とした上で、例外となる条件について、客席面積100平方メートル以下、資本金5000万円以下の既存の店舗とすることがわかりました。また、違反した喫煙者は最大30万円の過料とするほか、飲食店の管理者に対しても「喫煙専用室」が基準に適合しない場合は最大50万円の過料を設けるとしています。

 ただ、厚労省による試算では、最大で5割を超える飲食店が例外対象になるとされていて、改正案に対する批判の声はさらに高まりそうです。とのこと。

なかなか進まない受動喫煙防止対策、一体何が起きていてこうも内容が二転三転するのだろうか?どれだけ素晴しい案を出してもその案が通らなければ意味がない。受動喫煙に対しては否定的な意見が多いが、喫煙者は非喫煙者のことを考えてなさ過ぎるのではないだろうか?このままでは法案が通らず、2020年の五輪までに間に合わないような気がしてならない。大丈夫だろうか?今から心配でならない。

とまぁそんなわけでまた明日(>_<)

 

headlines.yahoo.co.jp

大量の漂着イワシ やっと撤去着手/青森・横浜町

こんにちは。コーセーです。

 

今日はあいにくの曇り空、雲の隙間から微妙にのぞく青空がなんとも言えないですね。気温も上がらず寒い陽気の一日にんなりそうです。

 

さて、本題。

大量の漂着イワシ やっと撤去着手/青森・横浜町について考える

青森県横浜町などの陸奥湾沿岸に大量のイワシが漂着している問題で、町は15日、今月中にも撤去作業に着手する方針を明らかにした。作業は八戸市内で魚粉の加工を行う業者に委託する。撤去のめどは立ったものの、漁業者から町に寄せられた情報によると、沖にはまだイワシの群れが確認されているという。町の担当者からは「再び打ち上げられたら、何度も撤去が必要になるのではないか」と懸念する声も挙がっている。

 同町の沿岸部では1月末ごろから、海水温低下など何らかの理由で湾内に迷い込んだイワシが、大量に打ち上げられている。町の調査によると、沿岸約20キロにわたり、約400トンのイワシが流れ着いたという。

 海岸線は青森県の管理区域だが、撤去作業は町が実施。作業を行うには県への申請が必要で、その際同時に、海岸漂着物撤去に対する補助金も要請する。

 町は当初、一般廃棄物として北部上北広域事務組合のごみ焼却施設での処分を検討。だが、同施設の1日の処理容量が限られていることや、焼却前にイワシの洗浄や乾燥など膨大な手間がかかるため、断念した。

 撤去作業は、八戸市の丸三三浦商店に委託する。重機を使って砂浜のイワシを回収するという。一方で岩の隙間に入り込んだ死がいは手作業で取り除くしかなく、町は漁協にも協力を求めて撤去する方針。

 町産業振興課の高橋敏広課長は「気温が上がってイワシの腐敗が進まないうちに、撤去完了を目指す。悪臭の問題もあり、特に民家の近くは優先的に作業したい」と話す。とのこと。

記録的な寒さで海水温も下がり魚もより暖かい場所を、と目指していたら漂着してしまったのでしょう。なんともいたたまれない気持ちになりますね。以前鯨が漂着するということが相次いだことと同じ意味合いなのでしょうか?今回はイワシなだけに食べられそうなものは食べているそうです。まだ冬だから良いですが、夏の場合腐敗臭がありそうで大変そうでうすね。

とまぁそんなわけでまた明日(;_:)

 

headlines.yahoo.co.jp

「おかあさんといっしょ」初の映画化決定 9月7日全国公開

おはようございます。コーセーです。

 

今日は晴れの天気ですが、雲が多く何とか晴れてると言った感じしかし気温は上がって少し過ごしやすい陽気になりそうです。

 

さて、本題。

NHK Eテレの「おかあさんといっしょ」が、初の映画化をします。タイトルは「映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険」で、9月7日から全国公開。一体どんな内容に……!?

おかあさんといっしょ」は2歳~4歳児を対象にした教育的エンターテインメント番組として1959年から現在まで半世紀以上続く、“超”長寿番組。子どもたちはテレビの前で歌のお兄さんやお姉さんと一緒に歌い、体を動かしながら感性を育くめます。

 今回はそんな同番組がテレビの枠を飛び越え、映画館でしか見られないオリジナルのスペシャルプログラムとして初の映画化。ゆういちろうお兄さんとあつこお姉さん、よしお兄さん、りさお姉さんが、スタジオを飛び出しさまざまな場所へ冒険に出かけます。大きなスクリーンで巻き起こる冒険を一緒に体感し、さらには歌って踊れる映画館ならではの内容になるとのこと。

 現在番組内で放送している人形劇「ガラピコぷ~」は、初のオリジナルアニメ化をします。チョロミー、ムームー、ガラピコは、いつもの「しずく星」を飛び出し、初めて訪れる星での大冒険が描かれます。

 なお、1990年に「おかあさんといっしょ」内で放送されていた人形劇「にこにこ、ぷん」が劇場アニメ「海だ!船だ!にこにこ、ぷん」として公開されていますが、お兄さんお姉さんによる歌や体操のパートと、アニメパートで構成される1本の映画としては、本作が初の映画化となります。とのこと。

NHKが映画を作るなんてこれまた驚きの内容。そこまでして稼ぎたいか?NHK!と思うのは私だけではないはず。そもそも幼児向けに作られた映画で幼児がちゃんと座って観ていられるのか?という疑問が大きいと感じます。これが成功すれば良いのですが、いざやってみたら大ゴケなんてことになったら笑えない気がする。

とまぁそんなわけでまた明日(゜.゜)

 

headlines.yahoo.co.jp

斎藤慧、ドーピングで暫定資格停止…使用否定も利尿剤陽性

おはようございます。コーセーです。

 

今日も晴天の良いお天気。気持ちの良い青空が気持ち良いですね。気温も昨日より暖かく、過ごしやすい陽気の一日になりそうです。

 

さて、本題。

斎藤慧、ドーピングで暫定資格停止…使用否定も利尿剤陽性について考える

昨日こんな記事を書きました。

kosei0902.hatenablog.com

スポーツ仲裁裁判所(CAS)は13日、スピードスケート・ショートトラック男子の斎藤慧(21)=神奈川大=が競技会以外のドーピング検査で、利尿作用のある禁止物質「アセタゾラミド」に陽性反応を示し、暫定で資格停止にしたと発表した。今大会初の処分。日本選手団は平昌で会見を開き、本人は「身に覚えがない」と潔白を主張したが反証の材料がなく、12日に暫定的な資格停止処分を受け入れ、選手村を退去したことを明かした。

 日本選手団によると、斎藤は4日に選手村で検査を受け、7日に国際オリンピック委員会(IOC)から最初の分析に使うA検体に陽性反応を示したことが報告された。予備のB検体も同様の結果だった。アセタゾラミドは緑内障などの治療に用いられるが、筋肉増強剤の使用を隠す場合などに使われることがあり、禁止物質に指定されている。

 斎藤は初の五輪となった今大会はリレーの補欠でここまで出番なし。日本選手団を通じ「この薬を使用するメリットも動機もありません。偶発的に起きた出来事により無自覚のまま口に入ってしまったとしか考えられません」とコメントを発表。無意識に摂取することがないように処方される薬は事前に専門家に相談し、日常の食事や飲み物にも気を付けていたという。

 日本スケート連盟の川崎努ショートトラック強化部長によれば、国内合宿中の1月29日に実施された検査では陰性だった。CASは大会後に最終的な裁定結果を出す方針。違反が確定すれば冬季五輪の日本勢では史上初となる。斎藤泰雄団長は暫定資格停止の受け入れを「苦渋の選択だった」と語り「本人の意志を尊重し、違反がなかったということを立証すべくあらゆる努力をしていく。最大限の協力を惜しまない」との見解を示した。とのこと。

結局のところ、本人否定のまま陽性反応が出てしまったわけですが、B検体まで陽性反応が出てしまうとなると無実を証明するのが一気に難しくなるわけですが、それでも斎藤泰雄団長同様無実を信じたいと思ってます。

そんなわけでまた明日(*_*)

 

headlines.yahoo.co.jp

<五輪スケート>斎藤慧がドーピング陽性反応 Sトラック

おはようございます。コーセーです。

 

今日は快晴の良い天気になりましたね。気温もギリギリ10℃まで上がりそうで少し良い陽気の一日になりそうです。

 

さて、本題。

<五輪スケート>斎藤慧がドーピング陽性反応 Sトラックについて考える

平昌冬季五輪スピードスケート・ショートトラック男子日本代表の斎藤慧(けい、21)=神奈川大=がドーピング検査で陽性反応を示していたことが12日、複数の関係者の話で明らかになった。違反となれば、冬季五輪の日本勢では史上初めてとなる。日本オリンピック委員会(JOC)が13日に公表する予定。

 関係者によると、レースより前に実施された抜き打ち検査で検出されたという。夏季五輪では1984年ロサンゼルス五輪のバレーボール男子の選手から興奮剤が検出された事例がある。

 ドーピング違反を巡っては、1月にカヌー・スプリントのトップ選手がライバル選手の飲料に禁止薬物を混入させる事例が発覚。スポーツ庁が競技団体などを集めて再発防止を訴えたばかりだった。とのこと。

日本人選手にドーピング疑惑とはまたなんともいただけない話ですね。風邪薬とかの成分が誤って検出されたぐらいのことを願っておりますが、真実は今後明らかになるのでしょうか?今後の動向に要注目ですね。

そんなわけでまた明日)^o^(

 

headlines.yahoo.co.jp