大地震 揺れがおさまった後にやりがちな「怖い間違い」

おはようございます。コーセーです。

 

今日も晴れて良いお天気になってます。良く晴れた分気温も上がって最高気温は35℃の予報。熱中症に注意が必要ですね。

 

さて、本題。

地震 揺れがおさまった後にやりがちな「怖い間違い」について考える

Q 大きな地震で、ブレーカーが落ちた。揺れがおさまったあとに、ニュースを見ようとブレーカーを上げた。◯か×か?

答え ✕ 通電火災の可能性があります。

 地震により停電が起こったあと、電気が復旧した時に起こる火災が「通電火災」です。地震の衝撃で破損した配線のショートや、水に浸かってしまったコンセントからの漏電、洋服などに埋もれてしまったアイロンや電気ストーブに通電して引火するなど、さまざまなケースがあるので、自宅だけでなく周辺の状況が確認できるまでブレーカーは上げないようにしましょう。
 また避難する際はブレーカーは落としておくことが大切です。

発災直後でなくとも起こる「通電火災」

 1995年の阪神淡路大震災では、発災直後に火災が発生していなかった地域でも、この通電火災が起こったケースが少なくありませんでした。実際に、地震による火災の過半数は電気が原因だというデータもあります。

 近年は地震の揺れを感知すると自動的に電源が落ちる「感震ブレーカー」も普及しています。ご自宅のブレーカーがどのタイプか、一度確認しておくことをおすすめします。とのこと。

通電火災とは全く恐ろしいものですね。最近のブレーカーは感震ブレーカーが普及しているのでそれほど問題はありませんが、古いタイプだと注意が必要かもしれませんね。なにはともあれ、震災に備えることが大事だと思います。

とまぁそんなわけでまた明日(~_~;)

 

headlines.yahoo.co.jp

NHK「チコちゃんに叱られる!」で珍現象 再放送の視聴率が常に本放送を上回る理由とは?

おはようございます。コーセーです。

 

今日はすっきりと晴れて良いお天気に。しかし、気温はどんどん上がっていて、既に30℃を超えており、最高気温は35℃を予報しております。

 

さて、本題。

NHK「チコちゃんに叱られる!」で珍現象 再放送の視聴率が常に本放送を上回る理由とは?について考える

4月からスタートしたNHK総合「チコちゃんに叱られる!」(金曜・後7時57分、再放送は土曜・前8時15分)で極めて珍しい現象が続いている。

初回の4月13日から6月30日までに放送された全12回で、再放送の平均視聴率が本放送をすべて上回っているのだ。最近、本放送の平均視聴率が10%前後なのに対し、再放送は12%前後を推移。6月30日の再放送では番組最高の13・5%を記録した。

新感覚の雑学番組だ。博識な5歳の少女のキャラクター・チコちゃんが司会・岡村隆史ら大人の解答者に、「お別れする時に、手を振るのはなぜ?」といった素朴な疑問をクイズ形式で出題。答えられないと、CGで合成されたチコちゃんが顔を真っ赤にして、頭から煙りを吹き出しながら、「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と叱(しか)りつける。子供目線で見れば、問題に答えられずタジタジとなる大人たちの姿は痛快この上ない。

 それにしても、なぜゴールデン帯(午後7~10時)に放送される本放送より、翌朝の再放送が常に視聴率が高いのか。NHK関係者の話を総合すると、いくつかの要因が見えてきた。

まず考えられるのは、再放送が、平均視聴率20%台で好調をキープする朝ドラ「半分、青い。」の直後に放送されていることだ。一定の朝ドラ視聴者が、そのまま次の番組に流れ込んでくる可能性は高い。

加えて、目に見えない工夫も凝らされている。チコちゃんの「声」を担当するお笑いタレント・木村祐一のセリフがほぼアドリブだという。司会アシスタントの塚原愛アナウンサーは「私たちは個別に打ち合わせをしているので、木村さんが何を言うかは知らされていない。岡村さんは問題の内容を知らない。だからドキドキする」と話していた。そうした“ライブ感”が視聴者にも伝わるのだろう。とのこと。

この番組、私自身も観てますがにわかには信じられない解答が多く、そもそも問題が難しいと思われる。まぁそれも番組の醍醐味のひとつなのだろうから、あえて言及はしない。しかしなかなかに面白い番組なので時間のある方は是非一度ご覧いただきたい。

とまぁそんなわけでまた明日(^○^)

 

headlines.yahoo.co.jp

「トイレの神様」逮捕 東京・清瀬駅の女子トイレで窃盗相次ぐ

おはようございます。コーセーです。

 

今日の天気は曇り。それでも気温は高く蒸し暑い陽気に一日になりそうです。熱中症には充分注意しましょう。

 

さて、本題。

トイレの神様」逮捕 東京・清瀬駅の女子トイレで窃盗相次ぐについて考える。

西武池袋線清瀬駅の女子トイレで常習的に窃盗を繰り返していた疑いで、無職の男が逮捕されました。

 警視庁によりますと、逮捕された住所不定・無職の五十嵐洋容疑者(46)は、3月から6月までの間、東京・清瀬市にある清瀬駅の女子トイレに忍び込み、7回にわたって窃盗を繰り返した疑いが持たれています。五十嵐容疑者は女子トイレに侵入し、洋式トイレの上に立って隣の個室に掛けてあるショルダーバッグなどを盗んでいたとみられています。

 トイレの付近に防犯カメラは設置されておらず、当初は犯人像がつかめなかったことから、捜査員は犯人を「トイレの神様」と呼んで捜査していました。その後、6月になってトイレから五十嵐容疑者の指紋が見つかり、逮捕に至りました。

 調べに対し、五十嵐容疑者は「他の駅のトイレでもやった」などと話し、容疑を認めています。とのこと。

トイレで窃盗なんて何を盗むのかと思えば、壁に掛けられたショルダーバッグを盗んでいたと言うから驚き。そういう発想が出来ることがすごいと思う。しかし、『トイレの神様』と呼ぶには不適切な表現だと思う。何故神様なのかが、はなはだ疑問だ。

そんなわけでまた明日(*^_^*)

 

headlines.yahoo.co.jp

タイのサッカー少年ら洞窟閉じ込め、早くも映画化の動き? アメリカのプロデューサーが現地入り

こんにちは。コーセーです。

 

今日は曇りの天気。それでも気温は30℃近くまで上がる予報で蒸し暑い陽気の一日になりそうです。

 

さて、本題。

タイのサッカー少年ら洞窟閉じ込め、早くも映画化の動き? アメリカのプロデューサーが現地入りについて考える

タイの洞窟に閉じ込められたサッカー少年ら13人の救出劇について、早くも映画化を目論む動きが出てきた。アメリカの映画会社「ピュア・フリックス」(アリゾナ州)が、2人のプロデューサーを救出現場に派遣し、「下調べ」をさせていた。

オーストラリアの大手ニュースサイト「news.com.au」によると、同社のプロデューサー、ミハイル・スコットとアダム・スミスの両氏が現地入りし、救助の様子を見たり、関係者への聞き取りなどをしたという。

今後、少年らを救出したタイ海軍特殊部隊員や、外国からやってきたダイバーらにも取材するという。スコット氏は「他社もやってくるだろうから、急いでいる」と話した。

一方、アメリカのニュース専門チャンネル「CNBC」によると、スコット氏の妻はタイ人で、救出作業中に死亡した元特殊部隊員と同級生。「映画化されれば作品は多くの人にとって励みになるだろう。亡くなった元特殊部隊員にも捧げたい」と話した。

ただ、一連の出来事の「主役」である少年らには接触できておらず、映画化が実現するかは未知数だ。とのこと。

今回の一件は確かに世界的なニュースにはなったが、それを映画化しようというのはなにか違う気がする。今回の件で一名が亡くなっているにも関わらず、それを美談にしようというのはやはり違う気がする。仮に映画化が実現しても余り面白い内容にはならないのではないか?とも思う。お金の臭いがするなんとも不穏な感じがしますが、まぁ実現は難しいと思われますので今後の動向に要注目ですね。

そんなわけでまた明日(^.^)/~~~

 

headlines.yahoo.co.jp

<タイ洞窟>13人全員が生還 最後の5人救出

おはようございます。コーセーです。

 

今日も天気は晴れ。青空が空いっぱいに広がってますね。気温は30℃を超える予報で汗ばむ陽気の一日となりそうです。熱中症には充分注意しましょう。

 

さて、本題。

<タイ洞窟>13人全員が生還 最後の5人救出について考える

タイ北部チェンライの洞窟に最後まで取り残されていた少年ら5人が10日、無事救出された。地元サッカーチームの11~16歳の少年12人とコーチ(25)が洞窟に入って18日目。世界が注目した救出劇は、全員の生還によって終わった。一方、タイ政府の保健当局者は同日、記者会見し、9日までに救出された8人の体調について「発熱はなく良好だ」と明らかにした。

「きょう我々は任務を達成した」。洞窟から約1.5キロ離れた屋外の「プレスセンター」で10日夜、救助責任者のナロンサク・オソタナコーン氏が切り出すと、ボランティアや世界中から集まった記者が歓声を上げた。ナロンサク氏は今回の件について、自然災害から身を守る「全ての人の教訓となるだろう」と話した。

 また、海外から駆けつけたダイバーと共に救出にあたった海軍特殊部隊はフェイスブックに「これが奇跡なのか、科学の力なのか、何かは分からないが、全員が洞窟を出た」と投稿して喜んだ。とのこと。

まずは全員の生還を喜ぶべきでしょう。話によると、今まで10回以上この洞窟に足を運んでいたことがわかった。コーチは練習の一環だったとのコメントを出しているが、これがどう練習に繋がるのか疑問である。また、各国の支援があったにも関わらず自国の力で解決したように振舞う県知事にも疑問が残る。まぁなんにせよ全員無事生還出来て良かったということにしよう。

それではまた明日(゜o゜)

 

headlines.yahoo.co.jp

タイ洞窟から計8人救出 残り5人に

おはようございます。コーセーです。

 

今日は久しぶりに晴れの天気で広がる青空が気持ち良いですね。気温も30℃を超えるそうなので熱中症に注意しましょう。

 

さて、本題。

タイ洞窟から計8人救出 残り5人について考える

タイ北部チェンライ(Chiang Rai)県のタムルアン(Tham Luang)洞窟にサッカーチームの少年らが閉じ込められた事故で9日、新たに4人が救助隊のエリートダイバーらによって救出された。当局が発表した。救出された人数はこれで計8人となったが、残る5人が依然洞窟内に取り残されている。

9日の救出活動は前日8日と同様の手法で行われた。4人は非常に狭く浸水した部位を含む4キロ以上にわたる厳しい経路をたどり、日没直前に立て続けに洞窟外へと脱出した。

 洞窟に閉じ込められた11~16歳の少年12人とコーチ(25)のうち、これまで救出された8人はいずれも少年とみられるものの、当局はそれぞれの氏名を明かしておらず、コーチが洞窟内に残っているかどうかについても明言していない。

 救助隊の責任者は、残る5人全員を同時に脱出させるのかとの質問に対し、ダイバー次第だという見方を示した。ダイバーらは4人ずつの救出を想定し、経路に沿って追加の空気ボンベを準備しておくなどの綿密な計画を立てており、「5人を脱出させるには計画を変更しなければならない」という。とのこと。

まさかここまで大掛かりなことになるとは思っていなかったでしょう。そもそもどうやって洞窟に入ったのか?という謎がありますが、残る5人の救出を急いで欲しいと願うばかりです。

そんなわけでまた明日(>_<)

 

headlines.yahoo.co.jp

タイ洞窟から少年4人「無事」救出、病院へ急送

おはようございます。コーセーです。

 

今朝は雨が降ったようですが、今は曇り空で、隙間から青空が覗くような天気です。気温も30℃を超える予報となっており、熱中症への警戒が必要です。

 

さて、本題。

タイ北部チェンライ(Chiang Rai)県のタムルアン(Tham Luang)洞窟に2週間以上にわたり閉じ込められているサッカーチーム13人のうち、少年4人が8日、救出された。残る少年らも、エリートダイバーらによって間もなく救出されるのではないかという期待が高まっている。

曲がりくねり、極度に狭く、岩肌の粗い満水状態の4キロ以上の経路をダイバーらに誘導された少年4人は、同日日没頃に洞窟を脱出し、病院に急送された。タイのソーシャルメディア歓喜に沸いた。

 当局が公開した映像には、兵士らが4人のうちの2人とみられる少年を担架に乗せて救急車の後部に運び入れ、救急車が付近の病院へと走り出す様子が映っている。

 救助隊の責任者は、脱出した少年4人は「無事」と述べるにとどまり、体調や身元に関する詳細はほとんど明らかにしていない。

 救出作業はダイバーらの補給のために翌9日朝まで中断されており、残る少年らの生還も保証されるとは到底言い難い状況となっている。

まずは4人が救出されたことが良いことだと思います。引き続き救助活動が進められると良いのですが、救助は難航しているようで簡単にはいかないようです。どうか残り9人も早々に救出出来ると良いと思います。

そんなわけでまた明日(:_;)

 

headlines.yahoo.co.jp