岸田内閣支持率19.1% 発足後最低 ANN世論調査

おはようございます。コーセーです。今日は2記事更新します。

 

今日の天気は曇り。朝から曇った天気で、今日は一日中曇りの予報。気温は32℃を予報。蒸し暑い陽気の一日になりそう。明日は大雨の予報で、24℃を予報。梅雨入り間近

 

さて、本題。

岸田内閣支持率19.1% 発足後最低 ANN世論調査について考える

岸田内閣の支持率が政権発足以降、最低の19.1%になったことが、ANNの世論調査で明らかになりました。

 ANNは15日、16日に世論調査を行いました。

 岸田内閣を「支持する」と答えた人は先月より1.6ポイント減り、19.1%になりました。

 内閣支持率が2割を切るのは、2012年に自民党が政権に復帰してから初めてです。

 国会で審議されている政治資金規正法改正案を「評価しない」と答えた人は59%で、「評価する」は22%でした。

 また、国会議員に毎月支給される100万円の調査研究広報滞在費(旧文通費)について、使い道の公開を義務づけるべきか尋ねたところ、「義務づける」が82%に上りました。

 今月始まった定額減税については「評価しない」が45%、「評価する」が40%となりました。

 次の衆議院選挙の後に「政権交代を期待する」と答えた人は49%で、「自公政権の継続を期待する」は34%でした。

 来月7日に行われる東京都知事選挙の結果が国政に「影響を与える」と思う人は66%で、「与えない」を大きく上回りました。とのこと。

 

くどいようだが、岸田の支持率はもっと低いはず。情報を操作されているようにしか思えない。首相の座をおろすことは出来ないのだろうか?このまま、9月の任期満了を指をくわえて待つしかないのだろうか?国民のことを思うなら、一刻も早い辞任をして欲しい。

 

そんなわけでまた後程。

 

news.yahoo.co.jp