渋谷で「民衆蜂起」 反戦訴え 在日パレスチナ人らが抗議デモ

こんにちは。お昼のコーセーです。3記事だけ更新します。

 

早速本題。

渋谷で「民衆蜂起」 反戦訴え 在日パレスチナ人らが抗議デモについて考える

パレスチナ自治区ガザ地区への攻撃を続けるイスラエルに世界各地で抗議デモが続いている中、東京・渋谷でも11日、デモ行進「インティファーダ・マーチ」があった。

日本で暮らすパレスチナにルーツを持つ人たちや、ガザに親族がいる在日パレスチナ人らでつくる「パレスティニアンズ・オブ・ジャパン」が主催。「7カ月前に始まったことではなく、1948年から現地で起きていること、占領政策を続けるイスラエルに対して世界で抗議の声が上がっていることを日本の人にも知ってほしい」とSNSなどで参加を呼びかけた。

 参加者は「殺すな」などと書かれたプラカードを手に都心を歩き、「目をさませ、もうやめろ。虐殺やめろ」などと叫びながら都心を行進した。

 「インティファーダ」は「民衆蜂起」を意味する言葉で、イスラエル占領下のパレスチナ人が投石などで抵抗して始まった解放運動を指す。80年代や2000年代に大きな抗議行動が起きた。とのこと。

 

移民を受け入れると、こうしたことが起こる。日本で行う活動に、意味はあるのだろうか?日本人からしてみれば、良い迷惑だ。デモを行うなとは言わないが、もう少し意義のある活動を出来ないか?移民を受け入れて、日本の治安は悪くなった。日本も、そろそろ考え直す良い機会ではないだろうか?

 

そんなわけでまた後程。

 

news.yahoo.co.jp