自民党二階派も派閥解消を決定 二階元幹事長「所属議員の了承得た」

こんばんは。2度目のコーセーです。早速本題。

 

自民党二階派も派閥解消を決定 二階元幹事長「所属議員の了承得た」について考える

自民党の派閥の政治資金パーティーをめぐる事件を受け、二階俊博元幹事長が会長を務める二階派が解散することを決定しました。

二階氏は議員総会終了後に行った記者会見で「政治への信頼を取り戻すために、志帥会二階派)を解散するという結論に至り、先ほど、所属議員の了承を得た」と話しました。

二階派政治資金パーティーをめぐっては、おととしまでの5年間でおよそ2億円が裏金となり、政治資金収支報告書に記載されていなかった疑いがもたれています。

東京地検特捜部は二階派の元会計責任者を政治資金規正法違反の罪で在宅起訴したほか、二階氏の事務所では派閥に納めていない「中抜き」とよばれる不記載の資金が3000万円以上あったとして秘書が略式起訴されています。とのこと。

 

安倍派に続いて、二階派も派閥の解散を表明。賄賂を受け取りながら、甘い面をしていたが、本当にそれで良かったのだろうか?解散が賄賂授受の、負の連鎖を断ち切ってくれるというわけにはいかないだろう。根本を変えなければ、何も変わらない。

 

そんなわけでまた後程。

 

news.yahoo.co.jp