「ペットは家族」条例を否決 岡山・総社、市長の肝いり

こんばんは。2度目のコーセーです。

 

早速本題。

「ペットは家族」条例を否決 岡山・総社、市長の肝いりについて考える

岡山県総社市議会は21日、ペットを家族の一員と捉え、災害や脱走の際に市がサポートすることなどを盛り込んだ「人とペットの共生条例」案を全会一致で否決した。片岡聡一市長の肝いりだったが、大規模災害時に人への支援が制約されることや、職員の負担増を懸念するなどの意見が出ていた。

 条例案には、災害時に避難所を開設する際はペット同伴が可能な避難所を設置することや、ペットが脱走した際に市が捜索に協力することなどを明記した。

 ペットの定義や制定目的が明確に示されていないとの指摘もあり、閉会後に村木理英議長は「条例内容として形になっていないと言わざるを得ない」と述べた。とのこと。

 

ペットも今となっては、大切な家族の一員だと思います。こういう条例は、あった方が良いと思います。避難時に、周りからの理解を得やすいというメリットがあります。災害時にペットを探すよりも、安否不明な人を探すのが先決。それを忘れないように。

 

そんなわけでまた後程。

 

news.yahoo.co.jp