読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

0対91で敗れた英心高校野球部 「選手はダメじゃない」監督は胸を張った

こんばんは。コーセーです。

 

今日はすっきりと晴れて良いお天気になりましたね。明日も晴れて暖かな一日になりそうです。

 

さて、本題。

0対91で敗れた英心高校野球部 「選手はダメじゃない」監督は胸を張ったについて考える。

高校野球の公式試合が、0対91のスコアで終わった。5回コールドだった。まるで目を疑うような光景。62被安打17失策という驚異のスコアだ。

この結果をツイッターで伝えたのは、敗れた英心の豊田毅監督(31)だった。過去に例のないほどの大敗にもかかわらず「選手はダメじゃないです」と投稿した。

これに対して多くの激励するコメントがあった。

試合中に起きたこんなシーンも明かした。4回の英心の守備、ピッチャー返しの打球が投手の腹に直撃し、立ち上がれなくなった。豊田監督が「交代だな」と告げると、「最後まで投げさせてください」と食い下がった。監督が折れて続投させると、宇治山田商のベンチが立ち上がり、マウンドに再度立ったエースに拍手を送ったという。

とまぁなかなかない感動的なお話。ピッチャーは中学まで不登校だったというから更に感激。世の中これだけ頑張ってる人もいるという良い教訓になりました。

そんなわけでまた明日§^。^§

 

headlines.yahoo.co.jp