読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高畑容疑者保釈及び不起訴について考える。

こんばんは。コーセーです。

 

日付が変わって昨日9月9日も一日暑かったですね。毎日暑くてなかなかにしんどいですね。とりあえず台風が過ぎて台風一過とは言えない天気でしたが、今日9月10日は晴れの予報が出ています。

 

さて、本題。高畑容疑者が保釈・不起訴となった件ですが、被害女性と『示談』が成立したとのことでまずは驚き。今の世の中お金で犯罪をなかったことにできるのか?これはある意味衝撃的な事実。

不起訴になった理由として『合意があるものと思っていた可能性が高い』と弁護士が説明。この主張が通るなら、世の中の性的犯罪は一気に飛躍する可能性が非常に高いと思われる。

仮に『合意がある』とした場合、何故『事件』に発展したのか?何故『容疑』を認めたのか?という不可解な点が浮かび上がって来る。そして何よりも母親による『謝罪会見』これら全てを否定するという矛盾。それでも、仮に法廷で争った場合に弁護側は『無罪』を主張するということは、これらの主張を覆すことが出来るのか?

 

何はともあれ、犯罪のない世界は作れなくても、犯罪の少ない世界にどうかなって欲しいと切に願う。

 

夏もそろそろ終わりそうな予感。夏を楽しむなら早めの行動をオヌヌメします(^。^)

それではまた明日。