読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜観てきました。(広告有)

こんばんは。コーセーです。

 

昨日、今ちょっと話題の『Planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜』を観て来ました。

初日。初回公演というだけあって劇場は満席。奇跡的に前日夜に座席が取れた私は幸運でした。

さて、原作PCゲーム→スマホゲーム→アニメ→映画という流れで来たこの作品。

keyブランドの作品ということもあり、大いに期待して観に行って来ました。

key作品といえば、笑いあり、涙ありという面白くも、最終的には感動する。というのが定説でした。

それを踏まえて観てみた結果、ネタバレなしで率直な感想。『Charlotte』未満といった感じでしょうか?

 過去のkey作品でいうと、AIRからはじまり

AIR メモリアルエディション 全年齢対象版

AIR メモリアルエディション 全年齢対象版

 

 Kanon

Kanon メモリアルエディション 全年齢対象版

Kanon メモリアルエディション 全年齢対象版

 

 CLANNAD 

CLANNAD -クラナド- 初回限定版

CLANNAD -クラナド- 初回限定版

 

 と来て、アニメオリジナル作品『Angel Brats!』この辺までは、流石はkeyだなと思える良い作品でした。

 からの『Charlotte』この辺からちょっと残念な雰囲気を醸し出し始め

 Charlotte(シャーロット) 1 (完全生産限定版) [Blu-ray]

 今回の『Planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜

 planetarian~ちいさなほしのゆめ~ HDエディション

planetarian~ちいさなほしのゆめ~ HDエディション

 

 に至るわけですが、今回の作品。私自身がまだ原作の途中なので、中途半端な知識で観に行ったのが災いだったのか『笑えない、感動しない』というちょっと残念な結果に…

とりあえず、現在絶賛放送中のアニメ『Rewrite』にちょっと期待。

 keyというブランドの終焉はもう近いのだろうか?

 

とりあえず今日はなんだかんだと暑い一日でしたね。

皆様体調にご注意下さい。

 

9/8更新 一応ちゃんと観て来ましたっていうアピール入れておきますね。

何故か写真の向きが反対になってますが、ご愛嬌でお願いします。

f:id:kosei0902:20160908022417j:plain

f:id:kosei0902:20160908022452j:plain